Skip to content

小島宏和氏の想いを形にした企業の東京住建

一般的にその人らしい生活は、その人らしい住宅から始まると言われることがあります。確かに、「衣食住」と言われるほどに生活の基盤となる住宅は、暮らしの中でも大きなウエイトを占めていることは間違いありません。では、その住宅を作る際にパートナーにすべき企業とはどのようなところなのでしょうか。

■企業理念について
家づくりにはそれぞれの会社にこだわりがあります。小島宏和氏が代表取締役社長を務める東京住建の思う良い家とは、決して画一的なものではありません。むしろ、その「家造りのプロセスを大切にしたい」という思いを持っていることがホームページで明言されています。東久留米から現在の地位を獲得した東京住建の企業理念とはどのようなものなのでしょうか。

そもそも、一戸建て住宅とは様々な人が共同で生活することを前提として作られることが多い住宅です。そのため、その人たちが望む多くの希望を叶えるということを頭に入れた家づくりをすることが求められます。高齢者や障害者、子どもたちが暮らしやすい家を求める人もいれば、自然の光が差し込むような家を求める人もいることでしょう。そのため、ビジネスライクな提案はせず、常に一生のお付き合いを前提に取引を小島宏和氏は行なっているのです。

■分譲住宅の新しい形
東京住建の分譲住宅であるジオ・ステージは、ローコストでセミオーダーシステムができるという特徴を持っている分譲住宅です。東京住建は注文住宅を施工した実績が多いため、その中からノウハウを生かして施工主の要望を叶えながらコストパフォーマンスの高さも実現するという、全く新しい形の分譲住宅を完成させることに成功しているのです。

また、このジオ・ステージは性能にも高い口コミが集まっています。例えば、湿気対策には基礎パッキン工法を使い、住宅の構造体や建材に悪影響を与えることを防ぎます。さらにそれだけではなく基礎に穴を開けるような換気方法ではないため、家の強度を下げることがありません。このように、多角的に家のことを考えた設計を行うことが出来るのです。

■想いが形に、形が結果につながる企業
東京住建の企業理念は、常に施工主とその家族に対してビジネスライクな付き合いをしないということが前提として掲げられています。そのため、家づくりの提案も常に施工主ファーストで行われるという特徴を持っているのです。その人もが求める最高を共に実現するという高い理想を社長の小島宏和氏をはじめとする従業員が持っているので、高いクオリティが実現します。

そのような心持ちで作ったのがジオ・ステージです。従来の分譲住宅では不可能とされていたその人だけの暮らし心地を、セミオーダーシステムで実現していることが高い注目を集めています。また、それだけではなく住宅性能が優れているため、安さだけではないということがわかるのです。基礎パッキン工法を使った高い通気性能にも是非注目してください。