Skip to content

小島宏和が舵取りをする東京住建

一戸建て住宅は家族だけで過ごす団欒の時間が生まれると言われています。確かに、集合住宅は隣や上下の住人に気を使ってしまい、なかなか本当の意味でリラックスすることは難しいです。では、一戸建て住宅を建築する時に頼りたい企業とはどのようなところなのでしょうか。

■断熱材について
日本の気候は四季により異なります。過ごしやすい春や秋と違って、暑い夏と寒い冬は湿度も大きく異なるため建築物に多大なダメージを与えるのです。特に気温の変化は室内の過ごしやすさに直結する重要なポイントのため、もしも一戸建て住宅を建てるという場合には、どのような断熱性能にこだわっているのかを調べておくのが得策だと言えます。

東京住建は東久留米の地方工務店から力を伸ばし、社長の小島宏和氏を中心に事業活動をしている会社ですが、こちらの一戸建て住宅は断熱性能に優れていることでも知られています。夏涼しく、冬暖かな室内温度を実現している秘密はグラスウールを50mmも使用していることが影響しています。これにより室内環境が快適に保たれるので冷暖房を使い機会も減り、省エネ効果にも役立つのです。

■定期メンテナンスについて
自然災害が多く、近頃は異常気象によって甚大な被害も目立つ日本の状況ですが、そのような環境の中で一戸建て住宅を建てる場合にはやはり保証制度にこだわらなければいけません。東京住建は小島宏和氏を筆頭に施工主の安心安全を十二分に考えているという特徴を持っています。そのため、地盤保証と瑕疵保証保険を取り扱っているのです。どちらも厳しい検査を受けた結果ということも現れるので、災害時のリスクも軽減するのです。

また、このようなしっかりとした防災機能がきちんと働いているのかを確認する定期メンテナンスも東京住建は行っています。建築物はどうしても経年変化が避けられないため、このように定期的にチェックを行なって異常を早期発見することが大切になっているのです。早期発見した異常は解決までのスピードも早くなる傾向にあるため、是非ともアフターサービスに強い会社を知っておきましょう。

■これまでのノウハウを生かした技術と、これからの日本を支えるサービス
断熱性能に優れている住宅を提供しているのが東京住建です。こちらはグラスウールを50mm以上も使うことによって外気温の影響を受けにくい室内環境を実現しています。健康だけではなくエコロジーな住環境は東久留米時代から続く東京住建のノウハウが生かされているものであり、小島宏和氏が社長であることでそのような強みがより一層目立つという見方もあります。

また、定期メンテナンスなどのアフターサービスが強いことでも東京住建は知られています。こちらは建物のトラブルを早期発見・早期解決に導くため一戸建て住宅には欠かせないサービスです。また、近年日本では異常気象による自然災害が多発しています。そのため、このようなアフターサービスが充実している企業をパートナーにすることが得策だと言えるのです。

株式会社 東京住建(東京都東久留米市新川町1丁目)の店舗情報|いえらぶ不動産会社検索