Skip to content

東京住建の東久留米時代から続く特徴について

一戸建て住宅は絶対に失敗できない買い物として語られることが多いです。しかし、同時に一戸建て住宅は人生に一度きりの買い物だという人も多いため、どのようなポイントに気をつけたら良いのか分からないという人も少なくありません。優秀な住宅会社とはどのような特徴を持っているのでしょうか。

■安心できる家づくり
自然災害が多い日本にとって、一戸建て住宅を建てるというのはある程度のリスクを想定しておかなければいけません。その一戸建て住宅がどのような性能を持っているのかということはもちろんのこと、その性能についてどのような保証がされているのかという点を見ておくことによって、自分だけでなく家族の生活を守ることにも繋がっていきます。

東京住建ではそれぞれ10年間の保証期間を持つ「地盤保証」と「瑕疵保証保険」を扱っています。こちらは万が一の時に保証がされるというだけでなく、建てられた一戸建て住宅の土地や住宅そのものを精査することによって、「そこに住んでも安心である」という保証がされているという二重の安心がされている証になるのです。もしも一戸建て住宅を建てる時にはこのように保証が手厚いところを選ぶようにしましょう。

■高いコストパフォーマンス
東久留米発の東京住建は分譲住宅であるジオ・ステージをリリースしています。しかし、このジオ・ステージは普通の分譲住宅とは一線を画していると話題です。分譲住宅というと画一的な住宅になっていて、理想の住み心地は得られないという声もありますが、このジオ・ステージはセミオーダーシステムとなっているので、住宅設備やエクステリアを好みで選ぶことが出来るのです。

また、このジオ・ステージは住宅性能が高いということでも知られています。中でも、採光性能に優れており、どの部屋にも自然な光が差し込むという特徴を持っているのです。こちらは建築する土地はもちろんのこと、季節ごとに変わる太陽の角度までも計算に入れて設計をしています。このような施工が出来るのは東久留米時代から培ってきたノウハウが役立っています。

■一生の住処にふさわしい家づくり
保証にこだわるという人に愛されているのが東京住建です。保証は地盤保証と瑕疵保証保険を扱っています。このような保証は常日頃生活をする一戸建て住宅には欠かせないものとなっているため、軽率に考えるわけにはいきません。家族と生活と一緒に過ごす大切な時間を守る一戸建て住宅を購入する際には、このような保証にピントを合わせていきましょう。

また、東京住建はジオ・ステージという分譲住宅を扱っています。この分譲住宅はセミオーダーシステムとなっているため、ユーザーのセンスで建築を進めることが出来るのです。さらに、採光性能にもこだわっており、どの部屋、どの季節にも自然光がすべての部屋に入るような設計になっています。このような高い技術を持っているため東京住建は東久留米から大きく育っていったのです。