Skip to content

小島宏和氏が代表取締役社長の東京住建

一生に一度の買い物と言われることもある一戸建て住宅。そのため、信頼できる住宅会社のサポートを受けることが非常に大切なポイントとなります。しかし、その住宅会社を選ぶポイントは知名度だけでは不足しています。しっかりとどのような事業展開をしているのかを確認するようにしましょう。

■アフターサービスについて
小島宏和氏率いる東京住建は、施工後も安心して生活できるようなアフターサービスが充実していると言われています。そもそも、一戸建て住宅というのは家族が何代にも渡って住み続けることを前提に建てられます。そのため、数年でトラブルが起こるようでは困りますし、仮に起こったとしても速やかに対処してくれるような力が住宅会社には求められるのです。

東京住建が行っている定期メンテナンスは住宅の重大な欠陥を早期発見・早期解決に結びつけるのに役立ちます。住宅の欠陥は放っておいて直るようなものではありません。そのため、徹底的に検査をすることで住宅の寿命が延びるのです。さらに、定期メンテナンス以外にもリフォームの相談などもすることが出来ます。つまり、住まいに関する悩みすべてを解決に導いてくれるのです。

■ウェブ内覧会について
住宅を決める時にトラブルになる原因として「1人が勝手に物事を決めてしまう」というものがあります。住宅というのは家族で住むものであるため、何か重要な決定事項はもちろんのこと、細部に渡るまで決断する時には必ず家族会議を行うべきだと言われているのです。しかし、住宅の内覧会などに参加するためには時間と都合を合わせなければいけないため、なかなか難しいというのが現状にあるのです。

東京住建は小島宏和氏が代表取締役社長の会社ですが、こちらではウェブを使った内覧をすることが可能です。こちらは360度パノラマ画面で見ることが出来るため、部屋一面を見回すことが可能になっています。さらにそれだけではなく、しっかりと拡大することも可能です。そのため、細かなディティールにもこだわりたいという人にも安心して使うことが出来ます。また、インターネットに接続できる環境と端末さえあれば誰でも参加できるというのも魅力的です。

■充実のサービスで信頼を勝ち取る
定期メンテナンスなどのアフターサービスが充実していることでも知られている東京住建は、小島宏和氏を筆頭に施工主のことを考えた事業展開の推進をしています。定期メンテナンスは迅速な住まいのトラブル解決に役立つため、家族全員で過ごす一戸建て住宅を扱う業者としては必須のサービスだと言われているのです。また、リフォームの相談にも乗ってくれるということも評価されています。

さらに、ウェブ内覧会の存在も重要なポイントです。こちらはインターネットを使えばいつでもどこでも住宅の内覧をすることが出来るため、家族の予定が揃わないという場合でも、お互いに住宅についての意見交換をすることが出来るのです。このように、施工主とその家族に対する思いをサービス提供によって返すことが出来るため力強いという意見もあります。